Punched Card Dance Ⅳ

タイトル:「 帯 vol.04 - 松栄ハイツについて - 」

会  期:2018年7月14日[土] - 17日[月・祝]

開場時間:15:00~20:00(最終日のみ11:00-16:00)

入  場:無料

会  場:帯屋捨松旧社員寮・松栄ハイツ

住  所:〒602-8201 京都府京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町588


出演:井上潤美、竹之内芙美

松栄ハイツ屋上にて。

Performer : Fumi TAKENOUCHI, Masumi INOUE

conception : Masumi INOUE

sound : Momoko HIBINO


帯研HP:http://www.yhdzn.com/obiken/

帯屋捨松 H P: http://obiyasutematsu.co.jp

協  力:有限会社 帯屋捨松、京都府文化力チャレンジ補助事業

主  催:帯研(おびけん)


「松栄ハイツ」は、京都・西陣にある老舗帯屋・捨松の社員寮として1980年に建てられました。

 2012年、寮の空き部屋を拠点に、京都の伝統工芸を支える帯屋捨松と、現代美術を専攻する東京藝術大学油画学生の交流活動として、帯研(おびけん)は始まりました。同プロジェクトは、現地での滞在・フィールドワークを経て、これまで幾つかの研究発表や展覧会を開催し、今年で7年目を迎えました。昨年春、老朽化の問題から寮は閉鎖されましたが、これまでの活動をあらためて見返したとき、寮の存在の重要性が立ち現れ、今回、この場所での展示を公開することとなりました。急速に変化していく時代に一つの場が失くなること。時間の堆積。関わった人々のこと。私たちが記憶に留めた断片の集合体としての展覧会「松栄ハイツについて」をご覧いただければと思います。

 また、初日7月14日[土]17時より、井上潤美によるPunched Card Danceを披露する他、アーティストトークとして、作家による各作品の解説や、これまでの活動から見えてきた変化、土地や建物についてなどのトークを開催致します。皆様、お誘い合わせの上、ご来場下さいますようご案内申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000