ABOUT

竹之内 芙美|FUMI TAKENOUCHI

建築/ダンス/衣服。幼少より器械体操、母の洋裁を身近に感じる環境に育ち建築を学ぶ。京都、東京、山梨を拠点とし、マテリアルや身体を取り巻く空間について思考している。|建築|においては、衣服、布、ダンスの思考からエスキースを行う。|衣服|においては、身体を覆うストラクチャーとしての考えから「建築も衣服」という作品を発表。|ダンス|においては、場のコンテクストを読みとり、時間と空間を再配置することで作品を体現する。これらは身体による私的な建築設計手法でもあり、建築的思考を軸に日常の場に潜む空間の力線を書きおこす。日本、アメリカ、フランス、ドイツで制作や発表を行う。東京藝術大学大学院建築専攻修了。


Architecture / Dance / Clothing. Born and raised in an environment where gymnastics and mother's dressmaking are familiar, then studied architecture. Based in Kyoto, Tokyo, Yamanashi, I am thinking about materials and the space surrounding the body. In 'architecture', I do esquisse from clothes, cloth, dance thinking. In "clothes", from the idea as a structure to cover the body, "Architecture is also clothing" announced works. In 'dance', I read the context of the field and embody the work by relocating time and space. These are myself building design methods by the body, and write the lines of force of the space lurking in the everyday place around architectural thinking. Produce and present in Japan, the USA, France, Germany. She received her Master's degree from the Graduate School of Architecture of Tokyo University of the Arts.

PROFILE

建築|ダンサー|美術家

2015 東京藝術大学大学院美術研究科 建築専攻 修了 

2015 SANDWICH インハウスデザイナー

2016 アメリカ滞在制作発表

2017 京都芸術センター主催「SELF FOOD」ダンサー出演

2017 フランス、ドイツ滞在制作


Architect/ Dancer/ Visual Artist.