Ht

記事一覧(26)

『 OTHER SIDES 』

京都アートステイ西陣捨松帯研2018 年展示企画「 ー捨松の建築ー 」竹之内 芙美|大西 一裕 『 OTHER SIDES 』2018年12月16日(日)ー 2018年12月23日(日) 前期展示2018年12月24日(月)ー 2019年1月29日(火)  後期展示11:00-17:00 会期中無休・入場無料      帯屋捨松の黒を基調とした建物。建物の周りを囲む石畳。建物正面よりも、側面に伸びる幅3m 奥行き20m ほどの立派な石畳の道に目がいく。関係者しか入れないであろう裏口に続くその道は明確な境界として存在する。一方、アートステイ西陣捨松のギャラリースペースは床の間のように一段高くなっておりそれが境界の役割を果たす。また幅は均等ではなく、かなり細長い。今回の展示では、ギャラリースペースにおいて実際のスケールで石畳のイメージをインストールする。石畳を起点として境界を作り出し、そこから派生する背景や印象を操作する意図がある。かつて京都市電の敷石に使われていた石畳は、京都のいたるところに散らばっている。この捨松の石畳もそれらの一部である。多くの記憶やコンテクストをもつ存在としての石畳から、新たなイメージを重ねていく。京都府文化力チャレンジ補助事業主催|帯研協力|有限会社 帯屋捨松 / 東京藝術大学「帯研」お問い合わせ|obiken2ken@gmail.comーーーKyoto Art Stay Nishijin SutematsuObiken 2018 Exhibition " Architecture of the Sutematsu "Fumi Takenouchi + Kazuhiri Onishi『 OTHER SIDES 』16 December 2018 - 21 December 2018 / The first term24 Decembre 2018 - 29 January 2019 / The second term11am - 17pm|Every day open during the exhibition - Admission freeBuilding based on black of OBI* shop SUTEMATSU. The stone pavement surrounding the building. Than the front side of building, We see elegant cobbled streets of 3 meters in width and 20 meters in depth. That road following the back door that only the coworkers could enter is present as a clear boundary. Meanwhile, Gallery space at Art Stay Nishijin Sutemastu is getting higher, like a Tokonoma*, and it plays a role of a boundary. Also the width is not even, it is quite elongate.In this exhibition, install the stone pavement image on the actual scale in the gallery space. There is an intention to create a boundary with stone pavement as the starting point and to manipulate the background and impressions derived therefrom. The cobblestone used to be used as a paving stone in Kyoto City Tram is scattered everywhere in Kyoto. The stone pavement of the Sutematsu is part of them. From the stone pavement as existence with many memories and context, and overlay a new image.*The OBI is Japanese kimono sash belt.*The TOKONOMA, a Japanese-style alcove, is a recess built into the wall of a Japanese-style room. The floor of the tokonoma is slightly raised. The tokonoma originated in the fourteenth century. It is said that the origin of the tokonoma was the rooms where Buddhist priests kept their household altars. Kyoto Prefectural Cultural Power Challenge Assistance ProjectOrganizer|OBIKENCooperation|OBIYA SUTEMASTU / Tokyo University of the Arts "OBIKEN"Contact| obiken2ken@gmail.comーーー作家紹介 Artists introduction竹之内 芙美|Fumi TAKENOUCHI建築/ダンス/美術。建築的思考を軸に日常の場に潜む空間の力線を書きおこす。メディアは建築、ダンス、映像、音、物質、ドローイングに及ぶ。これまでに日本、アメリカ、フランス、ドイツにて制作。東京藝術大学大学院建築専攻修了。主な作品に『せんだいデザインリーグ2011卒業設計日本一決定戦』(せんだいメディアテーク,2011)、『第85回装苑賞』(文化学園,東京, 2011)、『トウキョウ建築コレクション2015』(代官山ヒルサイドテラス,2015)、『F=ma 建築解析』(Center for Design Innovation,USA,2016)、『SELFHOOD / Michael Maurissens』(京都芸術センター, 2017)、『次の交差点 NEXT INTERSECTION』(YOKAI SOHO,京都,2018)など。Architect/ Dancer/ Visual Artist. Based on architectural thinking, Fumi Takenouchi’s work draws lines of force within the space lurking in everyday situations. Her media include architecture, dance, video, sound, material art and drawing, and her work has been performed and presented in Japan, the USA, France and Germany. She received her Master's degree from the Graduate School of Architecture of Tokyo University of the Arts.大西 一裕|Kazuhiro ONISHI現代美術家。主に空間に対する状況や関係性の中から、作品を制作している。アウトプットは立体物を中心に置きながら、メディアは問わない。また作品は素材へのフェティシズムを内包する。大阪芸術大学大学院芸術制作専攻修了。主な作品に 『トレイル・ミックス』(FCAVE,2013)、『CONFUSE』(awagatiik,2013)、「ANTEROOM Artworks」(アンテルーム京都.2016)、『次の交差点 NEXT INTERSECTION』(YOKAI SOHO,2018) Kazuhiro Onishi is a visual artist. His work focuses on spatiality and the situations and relations that emerge from it. He uses various media to create three-dimensional objects that fetishize the materials from which they are composed. He received his Master's degree from the Graduate School of Art production of Osaka University of the Arts.

BIEST Quadra Collection and Performance

2018.10.19 -> EXHIBITION + PERFORMANCEOCT. 19th - from 18.00 OPENINGPERFORMANCE - 20min -> n*1 - 7.30pm + n*2 - 9pmこの度FORUM KYOTO にて、2人のデザイナーと3人のダンサー、1人の音楽家によるこのコラボレーションプロジェクトを企画することができたことを大変嬉しく思っております。モジュラリティと進化における可能性にインスパイアされたBIESTの作品が、このパフォーマンスの中で、それらを纏ったダンサー達の踊る、共有する、着る、脱ぐ、そして戯れるといった動作によってまた新たな形を生みだしていきます。この2日間で野村香子と合田有紀と竹之内芙美が紡ぎ出すアクションと武田真彦によるリズムとフィールドレコーディングの音像が、彫刻的なBIESTの衣装に命を吹き込むのです。Silvio SchellerとMirko Hinrichsは、2017年にゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川のレジデントとして京都に滞在しました。FORUM KYOTO is glad to welcome a collaborative project, which associates two designer, two dancers and a musician. Inspired by the modularity and possibilities of evolution of BIEST creations, this exhibition in movement will take new forms while the dancers performs, share, dress, undress and play with them.While activating the different states of this two-day exhibition, Kyoko Nomura, Yuki Goda and Fumi Takenouchi will bring BIEST’s sculptural fashion alive on the rhythms and field recordings of Masahiko Takeda.„BIEST“ biestberlin.com ヒンリクスとシェラーは2011年に、モード、建築、デザイン等の分野で虚飾を排し、認識と輪郭の必要性を追求する『BIEST』社を設立。ヴィラ鴨川滞在中のプロジェクト「ノイバウ」では、日本の加工・製造技術に依拠しつつ、「巻物」による動きの自由と、衣と住という要素を満たす作品に取り組んでいる。助成:ゲーテ・インスティトゥートFounded in 2011 by Mirko Hinrichs and Silvio Scheller, “BIEST” can be seen as an art project which inspires new contemplation of “Body and Space” in relation to the dimensionality of fashion, intimacy, and perception. In search for a concept that combines fashion, architecture and design, BIEST fabrics play with a varying dimensionality of forms and ideas for housing and clothing, where body and space are a “performative utterance”.While being in Kyoto, they are currently creating an object that refers to Japanese processing and refinement techniques, as well as to Japanese ideals such as sustainability and simplicity.BIEST stayed in Kyoto for three months last year as resident artists at the Goethe-Institut Villa Kamogawa.Sponsor: Goethe-Institut

Punched Card Dance Ⅳ

タイトル:「 帯 vol.04 - 松栄ハイツについて - 」会  期:2018年7月14日[土] - 17日[月・祝]開場時間:15:00~20:00(最終日のみ11:00-16:00)入  場:無料会  場:帯屋捨松旧社員寮・松栄ハイツ住  所:〒602-8201 京都府京都市上京区笹屋町通大宮西入桝屋町588出演:井上潤美、竹之内芙美松栄ハイツ屋上にて。Performer : Fumi TAKENOUCHI, Masumi INOUEconception : Masumi INOUEsound : Momoko HIBINO帯研HP:http://www.yhdzn.com/obiken/帯屋捨松 H P: http://obiyasutematsu.co.jp協  力:有限会社 帯屋捨松、京都府文化力チャレンジ補助事業主  催:帯研(おびけん)「松栄ハイツ」は、京都・西陣にある老舗帯屋・捨松の社員寮として1980年に建てられました。 2012年、寮の空き部屋を拠点に、京都の伝統工芸を支える帯屋捨松と、現代美術を専攻する東京藝術大学油画学生の交流活動として、帯研(おびけん)は始まりました。同プロジェクトは、現地での滞在・フィールドワークを経て、これまで幾つかの研究発表や展覧会を開催し、今年で7年目を迎えました。昨年春、老朽化の問題から寮は閉鎖されましたが、これまでの活動をあらためて見返したとき、寮の存在の重要性が立ち現れ、今回、この場所での展示を公開することとなりました。急速に変化していく時代に一つの場が失くなること。時間の堆積。関わった人々のこと。私たちが記憶に留めた断片の集合体としての展覧会「松栄ハイツについて」をご覧いただければと思います。 また、初日7月14日[土]17時より、井上潤美によるPunched Card Danceを披露する他、アーティストトークとして、作家による各作品の解説や、これまでの活動から見えてきた変化、土地や建物についてなどのトークを開催致します。皆様、お誘い合わせの上、ご来場下さいますようご案内申し上げます。

次の交差点|NEXT INTERSECTION

公演概要|About本公演では、美術家、ダンサー、音楽家が"生きたモジュール"として互いに接触し作用し合うことで、それぞれのジャンルがシームレスに存在する状況を立ち上がらせようと試みる。4つの身体は空間の中に次々とベクトルを描いていくが、それらが美しく交差する瞬間もあれば、時には拮抗して互いの調子を狂わせる。それぞれの抱える自由と不自由の中で、目的地があるかもわからないままに次の交差点を選んでいくこと。そんな思考の先にあるバランス感覚の探求は、やがて作品に流れる時間を有機的に繋げていく。In this piece, four artists – two visual artists, a dancer and a musician – perform as "living modules" that interact with each other in such a way that the genres co-exist seamlessly. The moving bodies continuously draw vectors in space, sometimes intersecting beautifully, sometimes clashing and falling out of synchrony. Accepting both freedom and inconvenience, they move towards the next intersection without knowing if they have a destination. By thus groping for a balance that lies beyond thought,they organically link the time that flows within the work.日時|Date & Time5/25 fri 19:30-5/26 sat 19:30- ★After talk & party5/27 sun 18:00-*開場は開演の30 分前 Doors open 30 minutes before the performance*上演時間:60 分 Duration:60min会場|VenueYōkai SOHO京都市上京区一条通御前通東入西町24https://yokaisoho.com/出演|Performer大西一裕/竹之内芙美/岡島飛鳥/中尾幸介Kazuhiro Onishi/ Fumi Takenouchi / Asuka Okajima / Kosuke Nakao出演者プロフィール|Profile大西一裕|Kazuhiro ONISHI現代美術家。主に空間に対する状況や関係性の中から、作品を制作している。アウトプットは立体物を中心に置きながら、メディアは問わない。また作品は素材へのフェティシズムを内包する。本編では構造体と、ノイズによる空間への干渉を図る。Kazuhiro Onishi is a visual artist. His work focuses on spatiality and the situations and relationsthat emerge from it. He uses various media to create three-dimensional objects that fetishize the materials from which they are composed. His aim in this series of works is to interfere with structure and to disrupt the space that comes from noise.竹之内 芙美|Fumi TAKENOUCHI建築/ダンサー/美術家。建築的思考を軸に日常の場に潜む空間の力線を書きおこす。メディアは建築、ダンス、映像、音、物質、ドローイングに及ぶ。これまでに日本、アメリカ、フランス、ドイツにて制作。東京藝術大学大学院建築専攻修了。https://fumi-takenouchi.themedia.jp/Architect/ Dancer/ Visual Artist. Based on architectural thinking, Fumi Takenouchi’s work draws linesof force within the space lurking in everyday situations. Her media include architecture, dance, video, sound, material art and drawing, and her work has been performed and presented in Japan, the USA, France and Germany. She received her Master's degree from the Graduate School of Architecture of Tokyo University of the Arts.岡島飛鳥|Asuka OKAJIMA美術家。インスタレーション、ドローイング、アートブック、映像といった多岐に渡る制作の中で、言語とイメージの間を行き来しながら、物事の新たな結びつきを見出す。東京-プラハ-京都と拠点を移しながら活動している。http://siki.tokyoAsuka Okajima is a visual artist who tries to find new linkages between things throughout a wide rangeof formats (such as installation, drawing, art book and video) while moving back and forth betweenlanguage and image. He is based in Tokyo, Prague and Kyoto.中尾幸介|Kosuke NAKAOタブラ奏者。2007年よりコルカタにて、タブラ奏者ビプロップ・バッタチャリヤ氏から学び始める。日本とインドを行き来しながら、インド古典音楽をはじめ様々なジャンルのアーティストとの共演を重ねる。2016年パーカッションデュオpaon を結成し、2 枚のCD 「rickshaw 」, 「Pedogenesis 」をリリース。http://www.kosukenakao.comKosuke Nakao plays the tabla, a small drum originally from India. In 2007, he began studying the tabla under Biplab Bhattacharriya in Kolkata. While moving between Japan and India, he has been collaborating with artists in various music genres, including Indian classical music. In 2016 he co-founded the percussion duo “paon” and released two albums, rickshaw and Pedogenesis.制作・テキスト|Production coordinator・Text浜上真琴 Makoto Hamagami